電話番号:029-895-3328

受付時間:9:30〜19:30。※祝日はお休みをいただいております。※ご予約はお電話とline@でお受けしております。

お電話はこちら

LINE@ご予約はこちら

心の不安・悩み・ストレスからくる身体の不調を改善

坐骨神経痛

 
  2019/05/18

ONE DROP整体院
〒305-0003 茨城県つくば市桜1-13-6
029-(895)-3328

 

 

[坐骨神経痛]

 

 

腰から足にかけて
このようなことはないですか?

 

 

  • 腰もしくはお尻からカカト近くまで痛くシビレがある。

 

 

  • 腰やお尻はさほど痛くはないが膝裏から足首まで痛い

 

 

  • 少し歩いては休まないと痛くて歩けない

 

 

  •  腰痛持ちで、ぎっくり腰を繰り返してきた

 

 

 

生活習慣や仕事が原因で腰痛がはじまり

 

そこから坐骨神経痛へとなってしまう方が多くいます。

 

 

 

病院でのリハビリ、整骨院・カイロプラクティック・整体などで揉みほぐしても変わらなかった方、諦めるその前にONE DROP整体院へお任せください。

 

 

坐骨神経痛
腰椎椎間板ヘルニア

 

 

一般的には腰の骨と骨の間にある椎間板と呼ばれる柔らかなクッションの中身が飛び出し神経を圧迫する事で腰から足にかけて痛みとしびれを起こしていると言われています。

 

 

ですが・・・レントゲンやMRIで椎間板ヘルニアが確認されても痛みやしびれが無い人もいます。

 

 

また、病院で椎間板ヘルニアと診断され手術しか無いと言われた方にぎっくり腰の施術をした所、笑顔でご帰宅されるお客さまもいます。

 

 

 

例えレントゲンやMRIなどの画像診断で、椎間板ヘルニアが見つかったとしても腰痛としびれの原因とするには怪しくなりつつあります。

 

 

 

腰椎椎間板ヘルニアと病院で告げられて、症状として脚に力が入らない、腰から足にかけて感覚が無い、尿が出にくい又は漏らしてしまう
排尿障害がある場合は医師の指示にしたがってください。

 

 

坐骨神経痛の原因

 

 

痛みとしびれはどこから来るのか?

 

 

腰痛の85%は原因不明で、腰椎椎間板ヘルニアが原因のものは全体の約5%程度にすぎないと言われています。

 

 

その内実際に手術が必要なのはほんのごく一部だけです。

 

 

私の友人は交通事故に遭った時に病院でレントゲン検査を受けた事で腰のヘルニアであることがわかりました。

 

 

友人は日常的に腰が痛かった訳でもなく脚にしびれなども無いと言っていました。

 

 

このようにヘルニアであっても痛みやしびれが出ない人もいます。

 

 

では、痛みとしびれが出る人と、でない人の差は何か?

 

 

今まで私が施術してきた中では、身体の冷え、疲れ、食生活など生活習慣の極端な人。

 

 

ある女性のクライアントは身体を動かしたり運動が苦手だった為必要意外は動かないと言うような方でした。

 

 

男性のクライアントで2~3ヶ月置きに太ったり痩せたりを繰り返していた方。

 


この方は毎日コーラやジュースをがぶ飲みしていたそうです。

 

 

また、男性のクライアントでマラソンをしている方で走り終わった後、着替えるまでに時間がかかっていた方。

 

 

上記お三方は、ひどい坐骨神経痛であったのと極端な生活習慣でしたので印象深かったです。

 


この3人に共通していたのが甘い物好き、ぎっくり腰の繰り返し、ストレスでした。

 

 

 

 

坐骨神経痛
3つのキーワード

 

1. 甘い物・糖・糖質

砂糖やその代わりとなる添加物、人工甘味料、果物、米、小麦粉、パン、麺類などを必要以上に摂り過ぎると身体の中で糖化が起こります。

 

 

糖化とは余分な糖とタンパク質が結びつき変性し劣化するとAGE(終末糖化産物)と言う老化物質ができます。

 

 

 

このAGEと言う物質は分解されにくい為、身体全体の老化が進みます。

 

 

このAGEが蓄積されるとコラーゲン線維がダメージを受けやすく変性や変形を起こしやすく腰椎で起こると椎間板の線維がダメージを受け変性や変形に繋がりますのでヘルニアや狭窄症を引き起こす原因になる可能性があります。

 

 

 

糖化は骨・軟骨・関節・筋肉・靭帯・腱などに悪影響を与えます。

 

 

痛みがなかなか取れない人は糖化による可能性があります。

 

 

 

2. ストレス

皆さまよく御存じの現代人に悪影響を与える原因、ストレスです。

 

 

ストレスによる自律神経(交感神経)への影響で血管が収縮し血流が悪くなります。

 

 

血液を送り続けるために心拍数と血圧が上がりますので心臓への負担は大きくこれに伴い呼吸も早くなり筋肉や内臓は緊張状態が続くためその働きは抑制されます。

 

 

 

 

3. 何度もぎっくり腰の繰り返し

 

疲労・ストレス・身体の冷え、この3つがそろうと、いつぎっくり腰になってもおかしくありません。

 

 

多い人では季節ごとにぎっくり腰をやっていたようです。

 

 

坐骨神経痛で困っている方の多くがぎっくり腰を何度も繰り返しています。

 

 

 

 

病院で腰椎椎間板ヘルニアと告げられ坐骨神経痛で困っていた方々に私がお聞きした時、3つのキーワードに当て嵌まる方は以外にも多くいます。

 

 

アクセス

東大通り 柴崎交差点を、荒川沖方面からは右折、筑波山方面からは左折。つくばビジネスカレッジ専門学校向い側。

 

 

ONE DROP整体院
〒305-0003 茨城県つくば市桜1-13-6
029-(895)-3328

営業時間

受付時間
9:30〜19:30 × ×

※祝日はお休みをいただいております。
※ご予約はお電話でお受けしております。

 

 

【ONE DROP整体院】〒305-0003 茨城県つくば市桜1-13-6
COPYRIGHT © ONE DROP Osteopathy All Rights Reserved.